FC2ブログ

2013-03-06

我が家の初節句



1993初節句2



この時息子は生後2か月で、まだ首も座っていないふにゃふにゃの赤ちゃん。

人形屋の孫ということで、大きな鎧兜の飾りをもらいましたが、マンションの部屋では正面から写真を撮ることができませんでした。




1993初節句1




この日は両家の祖父母がそろってお祝いの食事をし、みんなで息子の健やかな成長を願いました。

それにしても、みんな若い!

今では(私を含め)誰だか分からないぐらいです。

孫が生まれるころのおじいちゃんおばあちゃんは、肉体的にも精神的にも経済的にも一番元気で充実している年頃なのでしょうね。




私がいないと生きていけないと思っていた、両掌に乗るほどの小さな息子。

その後、自分の足で歩きだし、周囲の見守りの中ぐんぐん大きくなり、今日で二十歳になりました。









スポンサーサイト